酉さんのにっき

酉年生まれがにっき的ななにかを綴ります。

「知らない」こともこわいけど「興味ない」ことのほうがもっとこわい?って思った話。

わたし、6年ほど前からiPhoneを使っています。

その頃iPhoneソフトバンクからしか発売されておらず、

ソフトバンクは好きじゃないんだけどなぁ〜って思いながらもiPhoneが欲しくて

お父さんにソフトバンクショップに連れて行ってもらって

購入した思い出があります。

 

iPhoneは、わたしの「携帯」という概念を覆したというか

小学生の頃から携帯をもたせてもらっていたけど

通信料とかめちゃくちゃ高かったじゃないですか。

メール1通5円とか言われていましたよね。

正直、ガラケーと言われる携帯は全然好きじゃなくて

それはなぜかといえば、操作がしにくいこと

画面のここに行きたいのにいちいちポチポチしなくちゃいけないこととか

あとはやっぱり通信料が高いからもったいないなあって思っていて

なんでこんなもの持たせるんだろうって思っていました。

 

高校生になると、学校に携帯持ってきてみんないじったりしていても

全然面白くなくて、しょっちゅう家に忘れてましたし

盗まれたらあかんなーくらいの感覚。

それくらいわたしにとって携帯はいらないものという認識でした。

 

高校3年生の終わり頃、とある出来事があってその人にとても影響され

iPhone4が欲しい!とショップに行きました。

それからわたしの「携帯」という概念は覆されたわけなんです。

 

それからずっとiPhoneを使っています。

もうこれ以外使えないんじゃないかって思うほど。

わたしにとっての初代iPhone4は出かけようと慌てて電話しようとして階段から思いっっっきり落とし

割ってしまったのですが、それから4→4s→5s→SEと使っていて、

新しいiPhoneを買うたび、最初は前のがええねん…なんて思ってても

1週間使うと前のがやりにくくなるくらい使いやすくて

他のスマホもいいんだろうけどやっぱりわたしはiPhoneなんだなぁなんて思うわけなんです。

 

そんなiPhoneですが、いまやSIMフリーなんてのが出てたりして

最初はSIMってなんぞやと思ったり

iPhoneが使えるなら1万円払っても全然いいなんて思ってた(盲信?)時期もあったりしたわけなんですが

やっぱり安いのって魅力じゃないですか。

あと、もともとソフトバンクには不信感バリバリだったんですよ。

でも、最初に契約したからって惰性でソフトバンクを使ってたんです。

惰性です。完全に。

 

ちなみにパソコンを初めて買った時も、ポケットWi-Fiソフトバンクしか知らなかったから、ソフトバンクで契約したんですよ。

2年で解約したんですが、それから3年間毎月390円の謎の引き落としをされていて

何度か止めたくて試したんですが

謎ループに陥るだけなので5回くらい諦めて

先月やっと引き落としを止めることができたんですね。

あのはてなブックマークがめちゃくちゃ伸びてたあの記事のおかげです。

それでも一回手こずりましたけど、それはまた違う記事で書こうかと思ってます。

 

2年前に解約したWi-Fiの引き落としっていう手がかりしかなくて

サポートセンターにも繋がらないところで不信感がマックスになってて

「キャリアの2年縛り」とか「違約金」と言う名の腹立つネーミング

(まるで2年使わないお前が悪いんじゃ!みたいなネーミングだと思いますよわたしは)

これはSIMフリーデビューすべし!ってなりまして、

去年の5月に4台目になるiPhoneSEをApple Storeから購入しました。

 

格安SIMってどこがいいのか分からなかったんですけど

その頃データ通信もあんまりしてなかったので

使った分だけ!という言葉にひかれ(乗せられ?)

free telのSIMカードを購入しました。

 

なんか色々設定とか難しいのかな?って思ってたんですが

初期設定のカタログ的なものも来ますし

全然覚えてないくらい設定も簡単だったので

拍子抜けしたような記憶があります。

 

正直、SIMフリーiPhoneを使ってて困った記憶なんて

LINEのID検索ができないくらいなもんで

それもアカウントの乗り継ぎに失敗したから使えなくなったし

その頃はペアーズもやってたのでID検索が便利ってだけで

LINEの交換の方法なんていっぱいあるし

そもそもそういう場面でないと使わない機能じゃないですか、ID検索。

むしろID設定しなければ知らない人と繋がる可能性ひとつつぶせますもんね。

 

月々の携帯代も半額以下になりましたし

変えて良かったなって思うんです。

先月ソフトバンクとの縁もやっときれましたしね。

 

で、めっちゃ前置きが長いんですけど

こういうのってちょっと調べればGoogle先生が答えをパッと教えてくれるじゃないですか。

例えば先ほどの390円の引き落としとか、

例えばiPhoneの不具合が出た時とか、

誰かがすでに問題解決していて

そのノウハウをネットに公開してくれてて。

それらのキーワードを適切に選べば、自分が欲しかった情報がすぐ手に入る。

 

例えばわたしは先ほど、ひとつ前のiPhone5sを格安SIMで使えないかなって初めて思い立って調べたんですよ。

それまで、iPhone5sSIMロックかかってるからダメなんじゃないかとか

SEがあるから5sは使えるけど売ろうかなとか思ってたんですが

うちの母が4月が更新月だから、スマホに変えたいと言っていて

iPhoneなら操作も教えられる(教えることが思いつかないけど、多分母は何が分からないのか分からない状態になるから使い方から教えるんだろうと思っている)

から、iPhoneでいいんじゃない?と話がまとまっていて

SIMフリーiPhoneを買う予定だったけど、

5s使えるなら最初はそれ使えばいいじゃん!って思ったんですね。

いっぱい使うわけじゃないし、やっぱり最新のがいいとかなったらスペックアップすればいいわけで。

 

SIMロック解除の方法を調べたらあっさり出て来ちゃって

これもまた拍子抜けしたというか。

 

これって捉え方とかの問題なのかなって思ったんです。

わたしはSEに変える時、iPhone5sSIMロックは解除出来ないっていう固定観念がありました。

自力でSIMロック解除しようとは思いませんでした。

それから、2年縛りが終わったから、機種を変えられる!っていう固定観念がありました。

だから当たり前のように新しいiPhoneを手に入れて、それで満足してました。

 

でも、iPhone5sはまだまだ現役で使えます。

買ってから3年くらい経ってると思いますが、

充電してからバッテリーが3日持つくらい、全然現役なわけなんです。

でも、SIMロックがかかってるから、SIMフリーiPhoneを買わなきゃ!っていう固定観念がありました。

SIMロック解除ってプロじゃなきゃ出来ないんでしょうとか、

そういうキット的なものがあるなんて知りませんでした。

 

こういうことに気づかなかったのは、ちょっと調べれば分かることを

「自分は知ってる」とか「いちいち調べるのめんど〜」とか

おごりだったり面倒くさがることや固定観念

それを怠ることで払わなくていいお金を払ったり高くついたりするんだなって

すごく実感したんです。

 

答えは簡単に手に入る時代になっちゃいました。

でもそれは自分が求める最適なキーワードを入力する、というセンスや

経験によってもたらされるもので

これからはますます「知らないこと」は不利になり

「知ってる」ことにおごらずつねに知識をアップデートすることや

「知らない」ことを「知る」ことや「調べる」ことをめんどくさがらずにやるってこと

興味を持つことって

大事なんだなって思いました。

 

人間は年を取ると時間が早く感じると言われていますが

いまや手に収まるこの小さなパソコンで

知らなかったことを知れたり

見たことのない景色を見れたり

色んな人の経験をリアルタイムで感じることも出来る時代です。

 

でもその一方で、それらを自分なりに上手く使えなかったり

よく分からないからと切り捨ててしまうと

毎日が代わり映えのない日常になっていって

時間が早く感じるのも当たり前なのかななんて思ったりもします。

 

もちろん、スマホやパソコンを使いこなせないから人生損してるとか

言うつもりは毛頭ないんですが、

自分でトライ&エラーで身につけるべきものと

知っていれば要領よく生きられること

知らないことを興味を持つことって人生を楽しくすることだと思うので

そういう使い分けが必要なんだなって思います。

 

 

深夜の寝れないテンションで書き散らかしたのでめちゃくちゃになっちゃいました。

 

iPhone10周年おめでとう( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )←

 

おしまい。

広告を非表示にする
k rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.5.0/css/font-awesome.min.css">