酉さんのにっき

酉年生まれがにっき的ななにかを綴ります。

時間セレブになりました

どういうことかっていうと、端的に言えば11月末に最終出勤日となり有給消化中の身になりました。

 

何年も前から退職したい転職したいと言い続け転職活動しては内定辞退を繰り返しなんとも優柔不断に過ごしていました。

でも今回は本当に今辞めなくちゃいけないと、自分の能力をここでこのまま殺してはいけないと思いようやく退職となりました。

 

今の会社に入社したことは、本当に恵まれたと同時に後悔することも多くて、でもやっぱり良かったと思っています。

それは、自分にマネジメントの経験を積ませてもらったこと、学ぶことの重要性に気づかせてもらったこと、自分はなにを重視して生きていきたいかに気づかせてもらったこと。

それから、自分はこういうことを人にするような人間になりたくないな、自分はこういうマネジメントをしたくないな、自分の非をきちんと認めて治せる人間になりたいな、とも。

色々ありましたが、自分の足りないところを気づかせてもらったり、最後に暖かい言葉をかけてもらったり、嬉しいこともありました。

最近思うことは、安定した企業に入ることよりも、安定した自分になることの方が大事なんじゃないかってことです。

今の時代、どんなに有名な企業でもトントントンと給料が上がることもないですし、少子化の中で国内の需要がドンと増えることもない。もしかしてラッキーな超ホワイト企業に入ったとしても、もしかしたら上司と全く合わないかもしれない。

でも、自分はどこでも稼げるっていう自信があれば、「第一志望だから」「有名企業だから」「ホワイト企業だから」なんて自分の気持ちに嘘ついている必要なんてないんですよね。

もちろん仕事上のストレッチは必要ですが、自分の心が壊れてしまったら、治すのも大変ですしもしかしたら治らないかもしれない。そう思うんです。

 

人間は誰かから必要とされたいし、認められたいんだと思います。

辞められたら困るけど、同じだけのスキルがある人なら誰でもいいよ、みたいな感じだと辛いですよね。

あなたにいて欲しい、一緒に仕事したいって言われる人間になりたいなって今は思ってます。

 

おしまい。

 

広告を非表示にする
k rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.5.0/css/font-awesome.min.css">