読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酉さんのにっき

酉年生まれがにっき的ななにかを綴ります。

昨年の振り返りと今年の抱負

みなさま、大変遅いあけましておめでとうございます。

めっきり更新も滞っていますが、今年の抱負を書いておきます。

 

1. 仕事についての振り返り

昨年はしんどい時期もありましたが、社内転職をして(部署異動ともいいますが私的にはこちらの言葉の方がしっくり来ます)なんとかかんとか年を越せました。

今年の4月にはようやく研修も終わる予定で、やっとやりたかったことに近づけそうなので、研修中になるべく多くのことを吸収しつつ自分のペースでやっていきたいと思います。

仕事については、これまで将来の選択肢を広げるために、今頑張るというスタンスでやってきたのですが、こちらの本を読んで更に思いを強くしました。

 

私たちが仕事をやめてはいけない57の理由

私たちが仕事をやめてはいけない57の理由

 

 今年23歳になるのですが、これから様々なライフイベントが起こる上で、いつでもどこでも稼ぐ能力を身につけることはますます重要で、その場所でしか発揮できない能力や語れない経験を積むことはリスキーだなと。

また、結婚をして、例えば配偶者が病気や事故になってしまった時や、モラハラDV夫だった・なった時、離婚をした時に、自分に稼ぐ能力があればその場から退散するという選択肢を選びやすい訳で。

子供が生まれたときも、きっと子育てだけにコミットしていたらすごくしんどくなってしまう、そして閉鎖された環境でひとつのことに集中していると、考えが固まり独りよがりな教育・しつけに向かってしまうかもしれない。

そんなこんな考えていると、仕事はやった分だけ認めてもらえる・結果が分かりやすく自己肯定しやすいこと。やりたいことを仕事を通じて実現することもできる。そんな考え方・捉え方もあるのね、と知ることもできる。

もちろんすべて起こることには表裏があるので、今自分がメリットに思っていることがデメリットになることもあるでしょうが...。

今は、いろんな世界を見て、その上で自分はこういう選択をしたいと自分で決めたいです。

 

2. 学業について

昨年4月に大学に入学し9ヶ月経ちましたが、全くついていけている感覚がありません...。読書もしていたし時間も作れる!と意気込んでいましたが、勉強する習慣がすっぽりなくなっている、自分に甘いせいですね。

とはいっても自分で自分を追い込んでパンクしてもどうしようもないので、気を引き締めつつ自分を責めすぎないでやっていきたいと思います。

学歴は全てではないですが、これも将来の選択肢を広げるため、スキルを身につけるため、学歴コンプレックス克服と思って頑張ります...。

 

3. 恋愛や結婚についての振り返り

これは昨年以前からですが、仕事に時間・労力を振り切りすぎて彼氏いない暦3年になっていました...笑。このままだとちょっとまずいか?と合コンにいってみたりしましたが1年で3回の参加って頻度少なすぎですね笑。数打ちゃ当たるではないですが、そもそも第一印象で声かけずらいと言われる顔つきなので、変な人に絡まれないメリットはあるのですがTPOに合わせて優しそうな(易しそうではなく!)雰囲気・オーラをかもし出してパートナーを見つけたいなと。

というのは、今年23歳になる、なってしまうんです!(2度目)今までぽやーっと考えているようで考えていなかった、もしかしたら無意識に考え避けしていたのかもしれないですが23って母が私を産んだ年齢なんです。私は2人姉妹なんですが、もし子供を産むなら3人兄弟がいいなあ、と思っているので、今まで同様ぽやーっとしていたら「ありゃ!?こんなはずでは!!」となっている可能性が高い。まずい。3人産む体力がないかもしれないし、今は元気な親が突然倒れるかもしれない。なにが起こるかなんて、なんにも分からない。

どんなに医療が発達したとはいえ、まだまだ高齢出産はリスクが高いといわれていますし、なにより「なんとなく結婚して〜、4年後くらいに子供ができて〜」なんてなんとなく起こることなんてないし、子供ができちゃったから結婚しよう!できちゃった婚は絶対にしたくないわたしは。それでもし両親が離婚したらできちゃった子供は自分を責めますよ、私がそうですから、頭では誰を責めてもなんにもならないと分かっていても事実を受け入れるのは時間もかかるししんどいんです、こんな気持ちは絶対に味わって欲しくないです。両親に感謝はしていますがなにも生み出さない暗い気持ちは私だけで十分、という意味です。

そして出産が遅くなるほど、自分の年齢も上がれば子供が自立・自律するまで年月がかかる訳で、30歳で産んだら子供が20歳になった時自分は50歳、果たして自分が死なず、パートナーも死なず、家族も死なず、みんなが元気でいる可能性はいくらあるんだろうか。あ〜暗い考え方。でも行き当たりばったりで生きていくのは難しいです、予想外の出来事に対応できる能力を身につけることと、考えられる可能性について考えておく・不安の種をつぶしておくことは似て非なること、だと思っているので。

子供のことについてとりとめなく書いてきましたが、ただ子供を産めば良いのではなく、愛のある家庭、パートナーシップ、自分の心の安定とそれを継続させるスキルは身につけねば、と思っています。

 

愛は技術 何度失敗しても女は幸せになれる。

愛は技術 何度失敗しても女は幸せになれる。

 

 12月上旬にかけて読みました。川崎貴子さんの本は愛のムチをうちつつでも優しさがあって、スッと心に入っていくので好きになりました。

この本を読んでいてデジャブを感じるなと思ったらブログの内容に加筆されているそうなので、今度はこちらを読んでみたいです。

 

結婚したい女子のための ハンティング・レッスン

結婚したい女子のための ハンティング・レッスン

 

 タイトルがいかにも!なので書店では買いにくい、かな笑

 

なんのまとまりもなくずらずら書いてきましたが、結局は自分を幸せにできるのは自分だし、仕事で認められただけで、勉強頑張っただけで、結婚しただけで、子供を産んだだけで幸せになれる訳ではなく、待っているだけでは現状は変わらない。自分を幸せにできるのは、幸せになりたいと行動し思考錯誤しまた行動することだ。

なので今年の抱負は、行動+試行錯誤!

 

おしまい

 

広告を非表示にする
k rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.5.0/css/font-awesome.min.css">