酉さんのにっき

酉年生まれがにっき的ななにかを綴ります。

身だしなみについての最近の考え方

最近、自分の身だしなみについて考えています。

私は社会人になって自分に使えるお金が増えてから買い物にはまった人です。

特に20歳前後の時期は目的もなく買い物に出かけ、その時のテンションでひたすら洋服・バック・靴その他もろもろを買いあさっていました。

多分ストレスの反動でしょうね...笑 今はだいぶ落ち着いています。

 

洋服を買いあさっていた頃は、統一感や服のテイスト・雰囲気なんて気にもせずに、ひたすら「今、この瞬間に気に入ったもの」を買っていたと思います。

ファッションは自分をあらわすメッセージである、とは考えていませんでした。

考え方が変わったきっかけの本はこちらです。

 

デキる女のおしゃれの方程式 きちんと見える 信頼される

デキる女のおしゃれの方程式 きちんと見える 信頼される

 

 洋服ではありませんが、メイクや髪型も含めた身だしなみとして以前書評を書いたこちらの本も参考になりました。

 

生まれつき美人に見せる

生まれつき美人に見せる

 

 

私は好みは、オーソドックスな形、ベーシックな色と原色好き、アクセサリーはゴージャスなものが好きです。

顔が濃いので、特にトップスに柄物を持ってくるとガチャガチャした印象になります。

原色好きがちょっとネックなのと、アクセサリーも自分が好きなだけつけると本当にごちゃごちゃしてしまいます。

 

最近は、「気合い入ってんな〜」と思われるのも恥ずかしいし、かといって「気を抜き過ぎでしょ...」と思われるのもいやです。

気張りすぎず、手抜き過ぎず、のさじ加減が難しい。

これはファッションに限らず、メイクもそうです。

最近「メイクしました!!」という主張の強いメイクはお腹いっぱいです。

お肌がきれいに見えるように整えて、まゆげを整えて、口紅ひきました、くらいでいいのかな、と思い始めました。

 

わたし的にファッションカテゴリに入れたいのは、体つき。

例えば、後ろ姿から見て、ブラジャーの上やスカートの上にお肉がぷよんと乗ってるのってすごく恥ずかしい...。

ムキムキに鍛える必要はないですが、せめてだらしない体だなあと思われないように適度な運動が必要ですね。

 

こうして書いてみると、ようするにこれって清潔感のある身だしなみかな?という結論に達しました。

ごく普通ですが、最近はそんなところです。

 

k rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.5.0/css/font-awesome.min.css">