読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酉さんのにっき

酉年生まれがにっき的ななにかを綴ります。

決断について

こんばんは。

今日は自分の忘れないでおきたい気持ちを書き残しておきたいと思います。

去年の11月頃から今の仕事を辞めて転職しようと支援サービスに登録したり、面談したりしていました。

年明けに最終面接まで行った会社があったのですが、色々ご縁がなかったというかタイミングが悪かったのもあったり、自分自身も「転職してなにがしたいか」定まっていなかったりして、一旦転職活動をやめていました。

転職のための面接やらはしていませんでしたが、仕事に対するマインドを改めて考え直したり、ビジネス本や自己啓発本を読んだり、ブログを読み始めたりして、また6月から転職活動を再開しました。

今思うと、全てに意味があるんだなぁということです。

初めは、「こんな毎日毎日代わり映えのしない仕事をして何になるのか」とか「こんなに利益を出してるのになんで自分に還元されないのか」なんて考えていて、いっそ転職してもっと楽な仕事をしたいと思っていました。

キャリアコンサルタントとの面談をしていくうちに、随分考えも変わったし、もったいないことしてたんだなぁと思うようになりました。

まずは自分の市場価値について。
そういう考え方をしたことがなかったので新鮮というか驚きというかもやもやというか複雑な気持ちになったことを覚えています。
自分の価値は自分で認めてあげないと。
頑張ってる自分、情けない自分、めげない自分、凹んでる自分も認めてどうするかって考えることが出来るようになりました。

仕事をしていると、毎日が目まぐるしい変化があるわけでなく気持ちがたるんでしまうので、考えるきっかけが出来たことが一番よかったと思っています。

そしてタイトルに戻るのですが、今の自分は過去の選択の積み重ねであることを改めて認識しました。

この6月からの転職活動で、2社内定を頂くことが出来ました。
どちらの会社も魅力があり、きっとどちらを選んでも後悔しないよう今の自分なら貢献出来ると自信がつきました。
今日はその決断をしました。

この決断が、次の大きな決断をする時に「あの時に選んでよかった」と言えるようにしたいと思っています。

では!

広告を非表示にする
k rel="stylesheet" href="https://maxcdn.bootstrapcdn.com/font-awesome/4.5.0/css/font-awesome.min.css">